RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
マワ車食堂料理日記(2月18日)
0

    こんばんは。

    昨日は夜勤。定期訓練に参加して、24時間勤務でヘロヘロです。昨日の夜勤はいつもと同じ仕事ですが、レアな作業がありました。そして、今日も激レアという感じの仕事がありました。偶然に生まれた仕事です。ひょっとしたら、始めての事かもしれませんね。もしそうだとしたら、私が偶然にも第1号になっているかもしれません。

     

    マワ車食堂令和元年、三種の神器近代化作戦が完了しました。10年超の洗濯機が壊れたのを機に、冷蔵庫も近代化。これで、当食堂の三種の神器は一通り、近代化されました。これでしばらくは安泰でしょうか。

    冷蔵庫の中身を移動させる際にも、不良食品を一気に廃棄。奥底には2009年に賞味期限が切れたソース。未開封で現存など、デカルチャーな品々が多数発掘され、後日廃棄処分する事になります。

     

    今宵の料理は失敗作です。

    明太マヨの野菜炒めです。

    失敗の原因は作り方かな。明太マヨを出来上がったものに混ぜれば良かったのに、炒めてしまった。きっとこれだと思う。

    今度、その作り方でリトライしてみよう。

     

    勤め先では『失敗なき成功』が正しいみたい。

    会社では、立派な偉い人が用意した、マニュアルを見ておけば失敗は絶対にない。そして失敗しない社員を「真のプロ」と名乗れるとか。この素晴らしい教えに従って、多くの若い社員が真のプロを目指して頑張っています。ですから、真のプロは点呼を取らないで帰る事は無いのです。(謎の笑い)

     

    この話を料理の世界で言えば、どんな調味料を使って、あらゆる食材を用いても、決して不味い料理を作らない。という事。そのためには味見や作り方の経験などで多くの失敗を経験する必要があり、その失敗を叩き台にして素晴らしく、美味しい料理をつくる。それを積み重ねて一流を目指す。でも、それをしないで一流の仕事が出来るとは摩訶不思議な話。

     

    今回の料理は真の料理人にあらず。といった所でしょう。味は悪くないのですが、明太子の味が無くなってしまいました。唯一の救いはプチプチの食感が楽しい。

    奥様が料理に失敗した時やお惣菜を並べた時は「真の料理人なんだから、こんな失敗あり得ないでしょう。」と勇気を振り絞って言ってみましょう。なお、それによる損失、けが、生命にかかわる危機等は当食堂では一切負いかねますので、予めご了承下さいまし。

    | 料理 | 20:43 | comments(0) | - | - |