RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
兄弟を探しに行ってきました。
0

    こんにちは。

    新型肺炎、日本政府はのほほんとしたものですなぁ。口だけは達者で、何にもしていないようです。世界の幾つかの国で発症があるという事は、どんどん広がっているという事なのに…。

    で、当の発症した国の民は世界中にお出掛け。おいおい、自分だけ良ければ良いのかね。困った事に熱も出ない人がいるようだから、防ぐのが難しく頭を抱えているよう。という事は、すでに国内に入ってきていても不思議ではないのか。あとはどうやって拡がるかが問題ですね。何でも、糖尿病の人がかかり易いとか。じゃあ、私は対象になるのか。

    新型肺炎になっても、正確な治癒の方法がわからない。ワクチンも出来上がりに数年かかるそう。

     

    今日は電車でお出掛け。咳き込んでいる人がいて、近くにいた人が激怒してました。風邪など体調が悪いのに、無理して出掛ける事は周りの迷惑になるという事を考えていないという事。一番は近所の病院に行く事かな。で、自宅療養。会社や学校もそれに対して、ちゃんと理解してあげる仕組みが必要が急務かね。

     

    でも、一つよくわからないのがマスクや手洗い、うがいで防げるのかね。やらないよりはマシですが、どうにもならない。としたらどうなるのかな。極端な話ですが、防護服着用をしないとダメ。なんてなったら公共機関など接客はどう対応するのだろう。私の仕事も不特定多数のお客さんと接する仕事。新型肺炎に自分だけかかって済めば良いけど、知らずに職場に帰って拡散する。なんて事はあって当たり前の話。もし発症したら…。でも、会社はのほほんと安いマスクをくれるだけだろうな。

    大きく話が逸れてしまいましたが、今日はこんな電車が行き交う賑やかな鉄道会社、皆さんがご存じの「東急電鉄」を撮影してきましたよ。

    先日、伊豆急行に行った際、東急で活躍していた8000系電車に触発され、親会社の新型電車を探しに行きたくなりました。

    あっ、忘れていましたが絵本を更新しました。伊豆旅行に関係するものを中心にアップしています。報告が遅れました。ごめんなさい。

    で、東急の新型電車を探しに目黒線から。いやあ、便利なものです。最初は八高線、横浜線経由かな。と思ったのですが、川越駅で1回乗り換えるだけで、しかも早く行けちゃう。

    目黒線には東京メトロや都営地下鉄、埼玉高速鉄道と多彩な電車も乗入れてきます。なので、合せてこちらの不足している電車の撮影も兼ねました。2時間30分ほど頑張って、三男坊の3020系をはじめ、9割ほどコンプリート。あとは東京メトロ9000系の5次車を探さなきゃ。

    次に大井町線に移動。ここでは次男坊の6020系と2000系を改造した9000系20番代(9020系)を探します。運よく、さくさくっとコンプリートしました。

    軽く食事を人気のない道端で食べ、一服してから、長男である2020系の活躍する田園都市線へ。一番つらかった。

    撮影あるあるで、撮影したい方向からはお目当ての電車が来ず、逆から何本も来る。これでした。すぐに見つかるかなぁ。と軽く考えていましたが、1時間ちょっとかかりました。まあ、珍しいものも撮影できたし、良しとしましょう。

     

    こうして、12時過ぎに目的は達成。いやあ、楽しかった。本当は渋谷駅に行って銀座線などを見ようかと思いましたが、夕ご飯の買い出しなんかあるから…。そうだ、東急の電車とバスの博物館を見てみよう。

    平日なので…ガラガラではなく、ちびっことお母さんの憩いの場でした。そうですね、私が20tトラックとするならば、周りを原チャリが縦横無尽に走り回っている。って感じでした。死角から刺客が出てくる感じです。勢いよく歩くと間違いなく跳ね飛ばしてしまいます。でも、子供は見ていて、時に予測を超える不思議な動きが楽しい。

    周囲に気をつけながら見学。時にはズボンを引っ張られたり、無邪気な微笑みをもって、傷んで弱ってるひざに頭突きをくれられたりと…。随分前に来た時は電車のシュミレーターは無料だったのですが、有料になってた。8090系のシュミレーターですが、ワンハンドルのデッドマン付。ハンドルを握ると同時に出っ張ったスイッチがあります。これがデッドマン、運転士が居眠りや疾病などで放すと非常ブレーキが動作する仕組み。私鉄では一般的なもの。元運転士さんと思われる学芸員のおじさんに訪れた時にやった事があります。「これ、鼻がかゆくなったりしたらどうするんですか?」と素朴な質問。その解答は「我慢する」でした。東急の運転士さんは大変だなぁ。と思いました。


    見学後は真っ直ぐ帰宅。たくさん収穫があったので、絵本にアップしますね。お楽しみに〜♪

    | 鉄道 | 16:31 | comments(0) | - | - |