RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< 過ぎた・・・もうちょっと。 | main | 気をつけよう。 >>
昭和探しに行ってきました。in都内
0

    こんばんは。

    いやあ、昨日は何か調子の狂う感じでしたよ。皆さんもありませんか?

    出勤の際、駅で汽車を待っていたら見知らぬおじいさんが話しかけ、そのまま東飯能駅までお話。田舎に住んでいる事を誇りに思わなきゃ。と言っていました。便利な都会に住む事は良いでしょう。でも、老いていけば自分が必然的に無理が生じてくると。そうなると便利なものがあり過ぎるとマイナスになりがちになってしまうとか。田舎には何も無いので、それが自然に時間を過ごせてとても良いそうです。

    続いて、仕事に入り時間まで待機していた所、点呼場に忘れ物。いやあ、調子が狂うなぁ。こういった時こそ平常心で仕事をしないといけません。でも、仕事も改良をしなければなりません。先日、相方になる後輩くんに「マワ車さんのお仕事は精度が高すぎて難しい。それをやっている人がいない。」と一言。なるほどね。という事で、やや精度を落としつつも結果を同じにする工夫を始めました。これが難しい、お客さんには最高の品を届ける必要があります。それを雑にしては会社に泥を塗るようなもの。そして、プロとしての品格を失うことになります。まあ、これが結果的には気晴らしになったのですが。

    まだありました。昨日は早めの24時に仮眠。寝ていたら足が攣りました。何故かはわからないのですが、未だに不調のままで攣りそうになる事がしばしばあり、困っています。

     

    と、こんな感じの夜勤でした。こんな時は…後輩の達人くんが面白いものを見に行きましょう。とお誘いを頂き、夜勤明けで集合場所の東京駅に行きました。合流し、お昼を食べて、とてもいたたまれない暖かさですがお散歩スタートです。

    まずは、東京駅から神田駅に向かうと神田川を渡るのですが、そこに気付くと新しい歩道が出来ていました。どんな所だろう?と気になっていたので見に行く事に。写真のような感じでしたよ。高架線の柵が少し高いので足回りは厳しいですね。また、街燈やエレベーターなどの障害物があるので、どのような構図にするかも難しそうです。

    日本銀行の前を通り、銀座三越にやってきました。高級百貨店ですねぇ。この三越ではただ今「1980年代展」という催し物が開催されており(13日まで)、まずはこれを見ます。

    入場料800円を支払い、いざっ!1980年代は昭和の最後の年代ですよね。マワ車個人の一言ですが、「日本人が最後に輝き、そしてダメになっていった年代」と思います。勘違いをされては困るので簡単に説明をすれば、戦後、人々は復興を果たし、1960年代は日米安保などこの国の将来をどうするのか。日本人は色々な所で闘った時代でしょう。人や未来の為に人として何かを成し遂げよう。そんな勢いある感じが70年代まで続きました。適当ながらもちゃんと面倒を見るなど人間味があったような気がします。しかし、80年代に入るとがらりと様子が変わったような。例えば80年代の流行と言いましょうか、「積木崩し」がありました。これは家庭内暴力による家庭崩壊。学校では受験戦争というものが出始めました。落ちこぼれは不良になり、それが家庭内暴力になるケースと、受験によるプレッシャーから生まれるケースがありましたね。(金属バット殺人事件など)その発展形とでも言いましょうか。風俗なども顕著に乱れていく感じだったのかな。そう、社会全体がバブルという浮世離れに迎合する形で大きな歪をつくり、誰もが見て見ぬふりをしてしまい、それが平成なってより一層酷い形になっていった感じでしょうか。例として個人を大事にという偏った主張に集団は体をなさなくなり、新たな社会問題を生み出す。そのきっかけを作った年代かもしれません。

    会場には懐かしいキャラクターやグッズ、流行り言葉などがたくさんあります。会場は撮影禁止なのが残念でした。撮影出来ていたら大変な事になってしまいそうです。色々ありました。サントリーのペンギンや携帯電話、ゲーム機、ワープロなどなど80年代に誕生した文化が凝縮されていました。達人くんと一つ見る度に思い出話をしてしまいます。1時間ほど見て廻り、出口には特設の販売ブースがあり、ここで80年代のアイテム(復刻版など)を買いました。

    会場では1箇所だけ撮影が可能な場所がありました。ディスコです。今はクラブと言うのですか?この当時のディスコは不良の溜まり場というあまり良くないイメージがありましたね。そう、これもこの頃ですね。思い出したのは、お年寄りは何故か小文字を省略し、ディスコなら「デスコ」と発音していたなぁ。リュックでは「リック」となるなど。

    この場所ではジュリアナに進化し、よくお嬢様が持って踊っていたふわふわの羽扇子を持って記念撮影が出来ます。

    開催の残りがあまりありませんが、行ってみては如何でしょうか。

     

    会場を後にして次の昭和探しです。日本橋駅から都営浅草線に乗って泉岳寺駅まで行きました。皆さんはここに昭和の名所?があるのをご存じでしょうか。

    泉岳寺駅A4出口を出て、品川駅方向に進むと入口があります。

    入口はごく普通の小路で、そのまま山手線、京浜東北線、東海道本線と車輛基地、東海道新幹線をくぐります。とても低く1.5mの高さ制限があり、歩くのも大変な地下道があります。正式には高輪橋架道橋と言い、別名「提灯殺しの地下道」という異名があるそうです。この提灯とはタクシーの屋根に乗っている会社名などが書かれた行灯の事で、すれすれに通るので壊された事から名付けられたようですね。1m70ちょっとの私たちはちょっぴりかがまなければいけないので、ちょっぴり難儀しました。地元の人は器用に自転車で通過していました。昭和だから出来たのでしょう。平成でこのような道路は絶対に作れないですよね。

    今度は品川駅に移動し、駅前の通りを真っ直ぐ。坂道を足が攣りそうになりながら10分程歩いた所にある「物流博物館」を訪問しました。

    皆さんの身近にある様々な物は物流無くして成り立ちません。様々な物流に関する歴史などを教えてくれます。子供たち向けに運送業者の制服が着られるコーナーやクイズなどもたくさんありました。夏休みの自由研究にピッタリそうなテーマパークとも言えましょう。大人も十分学ぶことの出来る楽しい博物館でした。

     

    達人くんと昭和を堪能した日でしたね。帰りは達人くんと昭和の乗り物です。昭和の電気車の主力制御方式である抵抗制御方式を堪能すべく、西武鉄道「レッドアロー」号で帰宅しました。

     

    本日は●ソ暑い中、達人くんありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

    兎に角、よく歩き、たくさんの汗をかきましたねぇ。体内の毒素がけっこう出て行ったかな。無くなると欲するもので、今宵はジャンクお弁当にしました。(笑)

    | 日記 | 20:38 | comments(0) | - | - |