RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< 気を付けて探そう。 | main | 壊れかけのマワ車。 >>
マワ車食堂料理日記(8月2日)
0

    こんばんは。

    余りの天気の良さで、サンダルが溶けました…。午後になり、天気が少々怪しくなってきたので期待したのですが、ダメですねぇ。いい加減に一雨欲しいものですね。このままでは水不足になってしまいます。

    建物や地面が暑いままなので熱が冷えず、冷房をガンガン使う。室外機から大量の熱が。と悪循環ですよね。いっその事、みんなで大量に打ち水出来ないかなぁ。水分が蒸発→上昇気流の発生→雲が出来て雨が降る。のかねぇ。どれくらいの水が必要かわかりませんが、打ち水でちょっとでも温度が下がれば良いかもしれません。

     

    水不足が心配されますが、私たち人間では水があり過ぎて困ってしまう事もあるのです。皆さんは「水中毒」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

    私たちの体は水分で出来ていると言っても過言ではありません。成人で約60%、乳児では約80%が水分だそうです。これを維持するためには水はとっても貴重なものです。もし、水を摂らなければ1週間も経たないうちに死んでしまうそうです。

    この熱波到来で、「命にかかわる危険な暑さ」として連日言われ、水分補給をこまめに。と聞きますね。脱水症状を防ぐためですが、過剰に摂取するとこれも良くないのです。これを水中毒と言います。

     

    水中毒を簡単に説明すれば、水分を大量に摂取する事により、体内の水分にある色々なものを薄めてしまい、体に異常をきたす症状を言います。もう少し詳しく説明をすれば、「ナトリウム」(塩分)が薄まってしまう症状(低ナトリウム血症)です。また、水を飲んでおしっこにして排出する腎臓の処理能力を超える水分補給をすると水中毒が起こり易いようです。

    もともと水中毒は、精神疾患のある患者に見られるものだったそうです。ここでは関係ないので省略します。

    水中毒になるとどんな症状が表れるのでしょう。

    軽度1…軽い疲労感がでる。

    軽度2…頭痛、嘔吐、精神的な症状がでる。

    中度……けいれん、こん睡状態。

    重度……神経伝達の阻害などによる呼吸困難等により死亡

    そう、酷いと死んでしまうとっても怖い病なのです。人は一日2リットル前後の水分が必要とされています。但し、季節やスポーツなど条件によって変化します。そして、1回にコップ1杯程度を目安に飲むと良いそうですよ。激しいスポーツをするとがぶ飲みをしがちですが、これは危険な行為で気をつけましょう。また、スポーツドリンクはナトリウムを薄めてしまうので同様に注意が必要。スポーツに類似するものとして、腹下しの時もお水を沢山飲みますが、ほどほどにしなければなりません。水中毒になり易い目安は一日3リットル以上飲み、かつ排尿をしないとなり易くなるそうです。特に小さなお子さんは大人と違い、中毒になり易いので普段でも気を付けると良いそうです。

    水中毒にならないようにするには適正な水分補給ですが、体が水不足であれば「喉が渇いた」とサインを出すので、その時にお水をくべてあげれば良いのです。渇きもしないのに、水をくべる事を控えればよいようです。

     

    世の姫君はダイエットと称し、水を多量摂取しがちのようですが、水中毒にならずともむくみの原因にもなります。因みにむくみの解消は全身を循環するリンパの流れが悪くなる事から起こるそうで、適正な水分を補給し、流れをスムーズにする事が肝要との事です。リンパ液は老廃物を回収し、汗や尿などと一緒に出してくれるゴミ収集車のような存在です。

     

    兎にも角にも、水分を適正に摂らない(ナトリウム(塩分)も忘れずに!)と健康にも美容にも良くないという事ですね。

     

    という事で、またまたマワ車食堂の独り言になってしまいました。

    今宵は家に居ると朝ごはんでは定番のソーセージ&目玉焼き、これではちょっぴり寂しいのでエビフライにしました。

     

    それにしても、冷房設定24℃、室温32℃ってどういう事よ。汗が止まりません。(笑)

    | 料理 | 19:02 | comments(0) | - | - |