RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< マワ車食堂料理日記(7月12日) | main | 狂ってるよね。 >>
マワ車食堂料理日記(7月13日)
0

    こんばんは。明日から三連休の方も多いでしょう。天気予報では体温並みの猛烈な暑さになるとか。体調管理に気を付けて下さいませ。水分と塩分をこまめに取って、冷房も適切に使って暑さを乗りきりませう。

     

    さて、今宵はマワ車食堂の代表メニュー「ハンバーグ」の作り方を教えましょう。って、何度もやってるから、もういいって?ネタ切れなんです…。

    食材

    ,泙困呂匹里茲Δ淵魯鵐弌璽阿砲靴燭いを考えましょう。

    柔らかいハンバーグなら、牛肉を多めに。硬いハンバーグなら豚肉を多めにします。今回は豚こま肉のみを使用した硬いハンバーグです。

    フードプロセッサーを使わない場合はひき肉を使って下さい。

    △野菜は、今回はスタンダードハンバーグなので「玉ねぎ」のみを使用します。

    たまご1個、パン粉、ナツメグ、クミン(入れなくてもよいです。)、コショウ、鶏がらスープの素を使います。お塩は鶏がらスープに含まれているので使いません。

    ざ未佑はお肉100gに対して、1/4個又は半分使います。玉ねぎの量が多ければ、ポーク100%でも少し柔らかくなります。今回はお肉200gなので半分にしました。フードプロセッサーを使う場合は4〜5等分、使わない場合はみじん切りにします。

    混ぜる

    .奸璽疋廛蹈札奪機爾隆鑠瑤魯棔璽襪鰺儖佞掘△修海某材を入れます。たまごは卵黄のみ使用します。ナツメグ、クミン、コショウ、鶏がらスープ、コショウは好みの量を入れます。

    ナツメグを多くすると濃い感じに、クミンは多いと独特の香りが強くなりますので少な目(ほんの一振り程度)がお勧め。鶏がらスープの素は多いとしょっぱくなります。パン粉は多いとふっくらした感じに仕上がりますが、水分を吸ってしまうので硬さが増してしまいます。牛100%の場合は多めでもいいかもしれません。

    お肉も含めて色々な配合比率で、自分のオリジナルハンバーグを作ってみて下さい。何度も作る事が上達するためのポイントです。

    フードプロセッサーであれば、粗挽きっぽくからしっかり混ぜる事まで様子を見ながら出来ます。粗っぽいと焼く時に割れやすくなってしまいます。(玉ねぎが多い場合も)ボールで作る場合は、粘り気が出るまで空気を抜きながらよく混ぜます。

    フードプロセッサーでしっかり混ぜるとこんな感じで、どんな味に仕上がるかは出来上がるまでのお楽しみです。

    すぐに焼くのではなく、混ざった食材をなじませるため30分位冷蔵庫で寝かせると美味しく出来上がります。

     

    成形し、焼きあげる
    焼き上げるポイントですが、厚くし過ぎない事です。オーブンで焼いたり、煮込みハンバーグを作るなら厚くても構いませんが、フライパンで焼く場合は1.5〜2冂度が限界と考えてよいでしょう。それ以上の場合はしっかり焦げてしまう事を承知の上で進めて下さい。

    大きいサイズを作るなら、フライパンに油を敷き、まんべんなくのばしたら、そこにお肉を敷き詰めます。手のひらサイズ(おおよそ100g前後)であれば、軽く空気抜きをしてから厚みに気をつけながら好きな形に成形します。フライパンに油を敷いて、油跳ねに気をつけながらそっと置きます。

    火力は中火が良いでしょうか。大きいサイズの場合(フライ返しでは返すのが困難なもの)はフライパン上でひっくり返そうとすると割れの原因になってしまいますので、軽く焦げたら、いったん火を止めます。お皿に一度移して、焼けていない面を下にフライパンに戻します。5分ほどしたら竹串で刺してみて、透明な肉汁が出てくれば出来上がりです。

     

    如何でしょうか。マワ車食堂のスタンダードハンバーグの作り方をご紹介しました。何かのご参考になれば幸いでございます。

    で、小生今宵のメニューはデミグラスソースハンバーグにしましたよ。基本が出来るとハンバーグもたくさんのバリエーションがあるので、色々楽しい感じになります。マワ車シェフのハンバーグの種類は10種類くらいでしょうか。(魔改造品は除く。)その時々の食材や気分などで色々作っています。

    | 料理 | 20:31 | comments(0) | - | - |