RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< マワ車食堂料理日記(4月2日) | main | 厄介者・・・どうしていますか? >>
ふ〜ん。
0

    こんばんは。

     

    ニュースで忘れかけていたあの話が決まったそうです。それは『中央快速線にグリーン車導入』です。

     

    2023年度末までに導入するそうで、編成が12両編成になるそうです。近郊型E233系に倣って、4号車と5号車に連結されるそうです。

    大きな特徴が2つあり、1つはグリーン車の乗降扉が両開きになる事。既存の車輛は片開きですが、中央線は東京駅でごくわずかな時間で折り返すため。といった事からスムーズな乗降を図るためにこのような設計にするそうです。もう一つは普通車にもトイレを設置する事。グリーン車は4号車にトイレが設置されるそうで、このトイレはグリーン車を利用するお客さん専用のもの。で、普通車にもつけてあげよう。という事で、6号車に設置されるそうです。6号車は付随車なので改造で済ませそうですね。

     

    !?6号車だけなの?という事は1〜3号車はグリーン車が通り抜けできなければ使えない。さらに、予想図では分割編成の場合、4両編成となる9〜12号車も使えない。(先頭車が中間に入るので、通り抜けできない。)およよ、ちょっぴり迷な感じになってきましたね。せめて貫通編成なら1と6号車、分割編成なら1、6、9号車につけて貰いたいですね。変にけっちって、出来上がって問題になってしまわないのでしょうか。なぜ1箇所なのでしょう。

    まあ、JR東日本はいつの頃からか、迷な事がお得意ですからねぇ。今回もどうなるのでしょう。このトイレ設置工事は2018年度末頃から始め、設置が出来た車輛は2019年頃から使えるそうです。

     

    この事柄にまつわる話題が幾つかあり、青梅線青梅駅では現在、中途半端に工事が止まっているようですが、これも再開するそうです。東京〜大月駅、青梅線立川〜青梅駅の44駅がこれから変化していくようです。

    運転関係では、このグリーン車導入で特急列車に変化が起こるかもしれない。という話がありました。料金の話です。よくわからないのですが、普通列車グリーン料金と特急料金でおかしな現象が出てしまうそうですよ。差をつける為に特急列車が全車指定になるとか、ならないとか。もう一つあり、グリーン車の同一方向の乗換えというものがありました。東海道本線などでは同一方向に乗る場合は1枚の切符で済むのです。例えば黒磯から熱海まで乗るとして、東京駅で乗換えても1枚の切符で乗れるのですが、中央線はそれに当てはまらず、中央線内の分と乗り継ぎ先の区間の分の2枚が必要になってしまうみたいです。例えば、神田駅から東京駅まで乗って、東京駅から新日本橋駅まで乗る場合、それぞれの区間を購入する必要がある。という事なのかな。

     

    国鉄の五方面作戦が半世紀以上の時を経て、ようやく完成にこぎつけるというビックプロジェクトです。会社の威信がかかっているのでしょう。私としては、グリーン車よりも時間通り、事故も無く運転してもらえるようにしてもらいたいのですが…。

    | 鉄道 | 19:59 | comments(0) | - | - |