RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< あまり考えないように。 | main | そんな事を言われても・・・。 >>
北陸へ散歩に行ってきました。
0

    こんばんは。いやあ、一昨日は夜勤明けでそのまま後輩くんとお散歩に行ってきました。

     

    夜勤は諸般の事情で作文を書くように上層部より言われ、ちょっぴり楽が出来る所でしたが、作文を強引に仕上げる事に。締め切りを設けておきながら、実際の所は提出率が低いと期限が延長になる摩訶不思議なシステムです。一晩で作文用紙4枚分の書きたい事を仮設し、パソコンで本工事を行って仕上げて提出。まあ、採用される事も無いので中身はどうでも良いみたい。

    そんな事もあり、いつもの疲れと変わらないのですが、後輩くんの仕事が終わるのを待って、いざ北陸へ。

     

    東京駅から北陸新幹線で金沢駅へ。北陸新幹線は長野駅まで乗った事があるのですが、その先は初体験。でも、トンネルばかりな上、携帯電話が使用出来ない。という事で半分寝ていました。

    約3時間で金沢駅に到着。かつては6時間近くかかっていたのにあっという間ですねぇ。

    旅の最初の訪問は北陸鉄道浅野川線です。JRの改札を出て北陸鉄道の乗り場へ。切符を買おうとした所、黒人青年のボブ(仮称)が券売機で往生しています。どうしたのか?と思ったものの、何と話しかけていいかわからず「何か困っているようだ。」と後輩くんに言った所、彼がボブにどうしたのか聞いてくれました。どうやら切符が買えないので困っているという事。ボブに切符の買い方を教え、目的地まで買ってあげました。

    終点の内灘駅まではおよそ20分。ボブも終点まで行ったのだ。改札を出ようとした所、再びボブにトラブル。今度は切符がないという。しかも、盗まれた。とこの短い時間に何があったのだ?しかし、ちゃんと手に握っているではないか。改札を出るとボブが話しかけてきた。単語を聞くとお腹が減ったので食事がしたい。しかも、トマトと鶏肉を所望す。地元ではないのでわからない。そこへ、別の外国人が来て何かを話す。どうやら日本人が英語が話せないのは何故なんだ?と聞いているようだ。すると相手の方は「それがジャパニーズスタイルさ。」と笑っていた。

    とりあえず、ボブに別れを告げて私たちは数駅歩く事に。内灘駅から2つ戻った蚊爪(かがつめ)駅まで歩き、日本の駅でアイウエオ順に並べて、一番最後に来る割出駅を見学して北陸鉄道は終了。金沢駅からサンダーバードに乗り、福井駅から普通列車に乗って「南今庄駅」に行きました。北陸本線の秘境駅とされる駅で、長閑な田舎の小さな駅を見学し、福井駅に戻って本日の鉄道散歩は終了しました。

    福井県の名物と言えば越前ガニや鯖がありますが、今回は「ソースかつ丼」を堪能する事にしました。福井駅のすぐ近くにある「ほていや」さんへ。食べログなど検索するとヒットするかなりの有名店の一つです。マワ車は胃を壊しているので、昼間はご飯を少なくしてこれを食べる為に頑張りましたが、胃の不調は日々悪化するばかり。激痛とおう吐感に悩まされながらも何とか完食しましたが、そう長くは持ちそうにないような気がします。

    そんな夕食でしたが、隣の席に60歳位の旅人と会話が出来ました。東海地方に住んでおり、石川県や福井県の名所巡りをしているとの事。食べ物の話題で盛り上がり、楽しいひと時を過ごせました。

    2日目はえちぜん鉄道と福井鉄道を巡る旅です。とても良い天気でお散歩には最適。しかし、胃の不調が足を引っ張ります。

    えちぜん鉄道から乗って行きます。えちぜん鉄道には登録有形文化財に指定されている駅が幾つかあり、永平寺線からそれらの駅を含めて見学。乗ったり降りたり、時には歩いてストレス発散です。

    永平寺線を見てから、反対方向にある三国芦原線に乗車し、駅見学。とある駅からやって来た列車に乗ると、偶然にも先日の食事で楽しい話を聞かせてくれたおじさんに出会いました。わずか1駅だけでしたが、旅は出会いが楽しいですね。

    終点の三国港駅まで来ました。駅前に漁港がある小さな終点駅です。綺麗に整備されており色々見ていると、後輩くんが素っ頓狂な声を上げました。どうしたのか聞いてみると、この駅はとあるアニメーションの舞台になった事があるそうで、偶然にもそのアニメーションが好きで、聖地巡礼を果たしました。旅とは摩訶不思議な事も一杯ですね。えちぜん鉄道は日中帯はアテンダントと称する女性社員の方が乗っており、切符の販売などをしています。どの列車に乗っても福井美人ばかり。運転士さんも張合いがあるだろうなぁ。それに比べたら、私の職場は…。諸般の事情により以下自粛で。

    えちぜん鉄道の鷲塚針原駅から福井鉄道の直通列車に乗換え。以前来た時は大型車が併用軌道を走る珍しい所でもありましたが、現在は名古屋鉄道から来た路面電車が活躍しています。激しく飛ばす事は健在で、路面電車がのびのび走る姿はとても楽しかった。ここでも、見所のある駅を数駅見学しました。

    福井方面に戻り、市役所前という電停で下車。本日の夕ご飯も「ソースかつ丼」です。今度は最も知られる「ヨーロッパ軒」さんのカツ丼を食べる事に。ソースかつ丼と言えば、会津、伊那、そして福井が3大ソースかつ丼と呼ばれているそうです。群馬県などでもソースかつ丼はあり、東日本はカツの下にキャベツを敷くタイプが多いようです。西日本はカツのみのシンプルなもの。ちなみに関東などで見られるたまごとじと玉ねぎのカツ丼は「たまごとじカツ丼」と言うようです。

    福井県のソースかつ丼の発祥はこのヨーロッパ軒さんだそうで、根強いファンも多いとか。食べてみると先日のほていやさんとは全然違います。美味しさは甲乙つけ難く、兎に角美味しいので福井県に来たら是非食べてみて下さいまし。

     

    そして、最終日の今日は帰って来るだけです。しかし、ただ帰るだけではなぁ。と思い、福井駅から特急「ダイナスター」で金沢駅へ。北陸新幹線で糸魚川駅まで進み、大糸線に乗りました。そして、秘境駅で途中下車。

    小滝駅という小さな駅で途中下車です。運転士さんも何かあるの?と降車に驚きを隠せない様子。そりゃあ、1日2、3人しか利用しない駅だからなのでしょう。近くには水力発電所があるだけです。

    駅から約10分位の所に有名な撮影地があり、ここで大糸線を撮影しました。雲ひとつない、とっても良い天気に恵まれ良い写真が撮れました。

    フォッサマグナと平行に急勾配をゆっくりゆっくりキハ120形が登っていきます。姫川の流れを見ながら南小谷駅に来ました。

     

    ここからJR東日本の管轄に入ります。しかし、とても酷い目に遭う事は知る由もありませんでした。

    南小谷駅から松本駅までは電車になり、約2時間の旅です。車窓に北アルプスの雄大な風景を見ながら走っていたのですが、何か様子がおかしい。交換駅で停車がある時に、運転士さんが停車がある旨を放送するのだが、一切ないのだ。まあ、僅かだからなんだろう。と思っていたのですが、信濃大町駅で10分近く停車があるのにもかかわらず、放送を一切しない。とんでもないサービスの悪さだ。運転士だからその仕事だけしてれば良いのだろうが、自動放送だけ適当に流すだけのワンマン列車は初めてでした。

    その後もだんまりワンマン列車。後輩くんもJR東日本はダメですねぇ。とあきれ顔。途中の駅で車掌さんが乗ってきて、ようやく細かい放送に。しかし、終点松本駅の2つ手前の駅で列車が発車しなくなった。車掌さんが行ったり来たりして何かをしているようだが、何も放送もなく待たされる。やがて松本駅に到着する時間に。乗客も苛立ちはじめるが、運転士は知らん顔。約10分も止まったが、「お客さまの確認で止まりました。申し訳ございません。」で終了。どうしようもないサービスの低さとしか言いようがない。私たちは松本駅では時間に余裕があったが、接続する他の列車に乗ろうとした乗客の中には急いで乗れないので、諦めて次に乗る人もいたようだ。一応、接続は取ってくれるようだったが、松本駅も当てにならない様子でした。何なんだJR東日本は。

     

    そして、特急「スーパーあずさ」に乗車。中央本線の特急列車は日本一と言っても良いぐらい時間通りに走らない特急として有名です。利用すると大体8割以上の高確率で遅れ、取り戻せないのかそのまま遅れて東京に向かいます。そして、中央快速線をどんどん遅らせるという困った存在になっているとの事。

    今日は中央線のとある駅で人身事故があり、大幅な遅延が発生。折返しなどが考えられるから遅れても仕方ないか。と思っていたら、定刻通りに発車するとの事。じゃあ、大丈夫かなぁ。しかし、塩尻駅でしなの号の接続で3分遅れで発車。そして、数駅進んだら、今度は安全確認だとかで10分も遅れる。こんな事はしょっちゅうなのだろう。乗客も「またか…」とため息が漏れていました。ここでも、車掌氏の定番放送なのだろう、棒読みの申し訳ございません放送が流れていました。乗客の小さな怒りを少しでも緩和しないと、爆発したらどうするんだろう。

    結局、八王子駅には10分ちょっと遅れて到着。所定時間ならすぐに八高線が連絡していたのに、連絡をしてもくれず暫く待たされる羽目に。多分、文句を言ってもこの体たらくなら、期待をしてももう無理なのでしょう。どっと疲れてしまいました。

     

    まあ、最後はとっても残念でしたが、今回は日本の風景をいくつか撮影できたとても楽しい旅行でした。

    | 鉄道 | 20:54 | comments(0) | - | - |