RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< マワ車食堂料理日記(11月24日) | main | マワ車食堂料理日記(11月28日) >>
マワ車食堂料理日記(11月26日)
0

    こんばんは。

    今日は冷えた1日。今季初、お風呂に入って心臓ガクガクブルブル現象発動しました。と言っても、まだまだこんなものじゃない。だってまだ室温は18℃で暖かい方。歳と共に、危険度は高まる一方。今季も自然との命の闘いが始まりました。(笑)

     

    昨日は夜勤でしたが、何処も同じなんだなぁ。という事がありました。

    何処かの職場の若い子だったのですが、話題は「転職しようかなぁ。」というもの。勤め先のイメージはもはや泥船。夢も希望もなく、いつ沈むのか。このタイミングを見計らって転職しようと若手社員の話題になっているみたい。何処もそうなのかなぁ。もう一つは、カウンターから向うは別世界になってしまったという事。同じ職場なのに、別会社と言ってもいい感じの関係だもんなぁ。

    本当であれば、若手社員には将来、こんな職に就きたいとか、この仕事を究めたい(極めたい)など夢が語れ、実現できるようにしてあげるのが良い会社なんだろうなぁ。ちょっと悪い言い方になっちゃうんだけど、今の勤め先は某刑事ドラマでおなじみの「東洋政治経済研究所」と同じだもんなぁ。聞いていて、そう思うのでした。

     

    もう一つあったのが、いつもの私の処遇改善…結婚しろという後輩くんからのお話。「結婚するよ。死神とね。いつ来てくれるんだろう。楽しみだ。」笑ってと話すと、真顔で怒られた。(汗)

    と怒られても、どうする事も出来ず八方塞。加えて持病、高齢とくれば、スクラップ待ち状態。寒い冬の朝、冷えたカップ麺を前に、眠るようにした姿で見つかるといいんだけど。こんな産廃物同然のボロを拾う奇特な方はいないでしょう。(年下でね。)いたなら、もちろん修繕をしっかり施し、全てを捧げて頑張りましょう。いても、どうせお金目当てのろくでもないのぐらいだと思うけどね。それはいらない。

    と、後輩くんが「同期の先輩方は何もしないんですか?」とあらぬ事を。かなり困った。答えに窮するとはこの事ですなぁ。上手く答えられたかは分りませんが、その答えは私が死神と結婚した時に出るかもしれません。一応、悪くないようにお答えはしたんですが…。

     

    そんなこんなで、仕事を終え帰宅。だいたいの通り、買ったお弁当をうたた寝で落としては拾いを数度繰り返し、一体化した混ぜご飯をつくりました。

    今宵は、スーパーで見つけた独り鍋セット。ようやく発売してくれました。去年までは魚鍋だったのですが、それが消えて今年は鶏鍋になったようです。

     

    今年はどんな鍋をつくろうかなぁ。そうだ、鍋ではないけど、斬新なアイデアを後輩くんから享受したんだ。それを今度の休みにつくろう。ありそうで、あるのかもしれないけど、聞いた事のないものです。まずは、こちらをどうやってつくるか考えなきゃ。

    | 料理 | 19:50 | comments(0) | - | - |