RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< マワ車食堂料理日記(9月15日) | main | マワ車食堂料理日記(9月17日) >>
近所で昭和を堪能しました♪
0

    こんばんは。朝は雨で、晴れてくると気温が一気に上昇。なんだかなぁ。と思う1日でしたね。

     

    今日は後輩の201系の達人くん(以下達人くん)とお散歩。予定は千葉県でしたが、先日の台風の影響を鑑み中止する事に。急きょ、達人くんの提案で近所の昭和探しをする事にしました。

    集合場所に向かうため駅に。少し早く着いたので一服。すると、自販機に昭和より続く煙草の販売終了のお知らせが。「エコー」と「わかば」の2品目で、昭和より続いたデザインが終了し、令和仕様になるようです。

     

    集合場所に到着し、達人くんと合流。ここからは達人くんとドライブです。

    最初の目的地に向かう道中。マワ車の「お腹空いた」サインが点灯。お願いをすると、ピエロ?おじさんの経営するハンバーガーショップへ。近くにバブリーなデザインのお店があるとの事で、そこに立ち寄りました。確かに、一軒家のようなデザインのあまり見ないタイプ。久しぶりのハンバーガーは美味しい。

    そういえば、この手のお店でバラック造りの屋台風があったら面白いかも。

     

    最初に訪問したのは、八王子市にある「日野オートプラザ」という博物館。所謂、企業博物館の一つで、入館料は無料です。皆さんもトラックやバスで知られる日野自動車が運営する博物館で、かつて作っていたコンテッサといった貴重な車の展示がされています。でも、トラックはやはり商用車であり、大きい事から保存されていないのか、フロンティアという車種と古い型のトラックしかありませんでした。

    日野のトラックというと、真っ先にレンジャーを思い出します。睨みのきいたデザインの頃が好きで、お土産に模型を買ってしまいました。

    昭和のトラックって、ダンプを中心に何故か緑色が多いような気がする。何か規制でもあったのかな。そんな疑問もありつつ、1時間ちょっと博物館でお勉強。

     

     

    瓶詰の頭を使うとお腹が減るもの。次は昼食を兼ねて、昭和レトロ自販機の聖地と言われる「中古タイヤ市場 相模原店」さんにお邪魔しました。

    もともと、タイヤ交換などで待っているお客さんの為に始めたそうです。それが、口コミやら何やらで観光地のような感じになったみたいです。

    到着すると、休日だけあって人が多い。そして、ずらりと並ぶ自販機群。店長さんが一つ一つ、丁寧に修理をして復活させたそうで、技術力の高さを伺う事も出来ます。飲料類、ハンバーガーなどの軽食、麺類、スナック菓子、おもちゃなど色々なものがラインナップされています。

    まあ、子供が多い事。あっちこっち触り放題。お父さん、お母さんが大切に扱う事や狭い場所なので走り回らないように教えてあげて欲しい場面もあったが、何一つ教える事も無く、食う事だけに夢中とは…。社会モラル低下の一端を垣間見る事もありました。
    自販機の多くは久しぶりに見たものばかり。懐かしさでシャッターが止まりません。一通り撮影が終わり、お昼。

    何にしようかなぁ。お腹と相談して「カレーライス」と「ニューヨーカーサンド」を食べました。

    ニューヨーカーサンドとは写真を見ての通り、丸パンを半分にしたものの間にから揚げと見えないのですがフライドポテトを挟んだもの。ニューヨークの要素は見られない。これが昭和です。横文字を使うとハイカラであり、何故か高級感などのテイストが上昇する日本のマジックです。

    昭和は今のようなメディアが発達していません。なので、見た事のある記憶とそれを元にした想像力を働かせたものでした。このニューヨーカーサンドも、アメリカのニューヨークの人々が食べるハイカラなサンドウヰッチなんだ。から揚げに揚げいも…。美味しい!こんな栄養のあるものを食べてるんだ。これじゃあ、日本が戦争に負けるわな。と昭和の時代なら思ったかもしれません。変わり種のサンドイッチですが、とても美味しかったです。達人くんはジャンクフード自販機の王道であるおそばとチャーシュメンを食べました。チャーシュー麺はメインのチャーシューが本格的で、とても美味しい。スープもスパイスのバランスが絶妙でお勧めの一品です。

     

    お腹も満たされ、色々と満足しました。続いては営団地下鉄丸ノ内線で活躍した電車を見に行きました。八王子市内にある「コニカミノルタサイエンスドーム」という科学博物館。この博物館の一角に丸ノ内線の電車があります。500形という丸ノ内線の赤い電車で、流星号という愛称が付けられています。

    休日を中心に車内が公開されているとの事で見る事に。近隣には昭和?平成初期かな。素晴らしい、極上の一品?があり寄り道。で、丸ノ内線とご対面。美しい赤いボディはいつみてもいいですねぇ。さあ、車内に。と達人くんに導かれつつ車内に。

    電車も素晴らしかったのですが、車内の広告にも感動。引退時のまま広告も残され、当時を偲ぶことができます。「ケイコとマナブ」懐かしかった。他にもアイドルなど懐かしい広告がいっぱいあって、電車よりも撮影枚数が多くなってしまいました。(汗)

     

    旅の締めくくりは鉄道の歴史を見ました。最初に五日市線の前身である五日市鉄道大神駅跡地のモニュメントを見学。信号機やTR41台車、小さなプラットホームがありました。一部は壊されていました。物を大切にする心がない残念な人の仕業なのでしょう。

    そして、もう一つ。八高線小宮〜拝島駅間にある多摩川橋梁です。この橋梁では終戦直後の昭和20年に橋梁上で死者105名を出す、列車衝突事故がありました。事故から時は流れ、その事があった事すら忘れられつつあった平成13年に当時の車輛の車輪が川から発見されました。この大きな事故があった事を伝える為に、公園脇に車輪が展示される事になったそうです。これを見に行ってきました。

    鉄道が好きなら、こういった事も見る事は大切なのかな。と思う。世界で類を見ない、正確かつ安全に鉄道輸送が遂行されているのは、こういった事故があり、これを教訓にしてきた結果だと思う。鉄道だけではありません。便利で安全なものほど、こういった犠牲があって成り立っているもの。機械に任せれば安全、安心という発想は愚かな人の安直な発想。人は万能の神ではない、どんなに有能な機械をつくろうとも、必ず事故は付きまとうもので、あくまでも機械は人を補助するもの。それを忘れれば痛い目に遭う事を忘れてはいけない。という思いを伝えているのだなあ。と思いました。

     

    今日はここまで。達人くん、有難うございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

     

    さて、今宵のマワ車食堂は…

    夢のようなディナーになりました。栄養を考えた?スペシャルなディナーでございます。レトロ自販機で買ってきました。

    天丼…ししとう、キス、大きなえびが入った一品。つゆだくのしっかりした味付けがたまらない。(350円)因みに、カツ丼が販売されていますが、こちらは人気商品らしく売り切れていました。

    ハンバーガー…ノーマルのハンバーガー。お肉とケチャップの絶妙な味もさることながら、バンズのしわしわ具合が自販機ハンバーガーらしい一品。(280円)

    鶏のから揚げ…一口サイズのから揚げ。しっとりとして、かつしっかりした味付けは、自販機で売っているものとしては極上に値するのでは。とても美味しい。(350円)

    この他に、野菜炒めとお口直しのキリンレモン(サイダー)を加えました。いやあ、美味しかったぁ。

    | 日記 | 19:01 | comments(0) | - | - |