RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
<< マワ車食堂料理日記(4月27日) | main | マワ車食堂料理日記(4月29日) >>
今日の一文字?
0

    こんばんは。今日の夜から5月1日まで天気は大荒れのようですねぇ。こうは言いたくないけど、平成は自然災害が多かった。それを表すように雨と共に去る。そして、新時代の令和。「雨で始まる」というのはどうなんだろう。個人の一言ですが、「令和」そのものは良いと思いますが、単体で「れい」は色々な意味で良くないような。一番は「0」。初めとかリセットって感じで、ちょっぴり嫌だなぁ。雨と共に今が消え(流され)、何かが始まる。という何やら意味深な時代の始まりなのかもしれません。

     

    昨日は夜勤でした。仕事は特に何もありませんでしたが、やはり今後の行く末についての話題が多かったなぁ。

    個人的な思いですが、やはり「考える」というのが鍵のような気がするのです。後輩くんには「考えて仕事をした方が良いよ。」と言います。会社で言われた事しか出来ない社員をマニュアル社員とかイエスマンなどと言いますが、会社側はとっても都合の良い社員です。しかし、これは会社の終わりを意味してると言ってよいでしょう。(ちょっと厳しい言い方をしますので、予めご了承ください。)

    あなたはとある会社に入社しました。その会社のルールは「はい」と全てを受け入れ、「いいえ」は左遷や馘首する会社です。この2つの選択肢だけとします。会社の指示に全て従わなければ生き残る事が出来ないという事は「いいえ」という拒否はない。つまり、あなたは考えずに会社の指示に全て従う。という事はご理解頂けますね。

    これが終わりの始まりなのです。絶対に「はい」と言ってきたあなたに会社は馘首を指示してきました。さて、どうしましょう。

     

    会社が全てを決め、その良し悪しも考えず、ただそれを受け流すという事は、どこかで誤りがあった時、全てを道連れにしてしまうのです。これが、会社ならず国家でも組織でもイエスマンを揃えた末路のだいたいの結果。と歴史を読むとこんな事が散見されます。

    理想は様々な意見がある中、「ノー」と言える環境がなければならない。と思うのです。そのためには私たちが一つ一つの事に「考える」という事を持たなけばいけないのかもしれませんね。

     

    「考える」とは漠然しすぎるのかもしれません。マワ車は色んな意味であまり、たいそうな事を言える立場ではありません。私をいじめたり、貶めた者たちがもっと良い言葉を持っているかもしれません。人を欺いたり、傷つける事をして平気でいられるのですから、もっと頭が良いと思います。そんな中、足りない頭をフル回転して、考えるに加えるエッセンスを考えてみました。

     

    」を使ったこの2つを加えてみてはいかがでしょうか?この漢字、あまり良くないイメージの言葉ですが…。

    疑う…自分に対しての問いかけ。自分の知識の中で答えを探す。他人に口をすると不快な思いをさせる事がある。

    疑問…疑いをしてみたものの、自分の中では答えが見つからないので、その対象者や他の者に「問い」と言う形で答えを見つけるもの。これにより、相手が何かに気付いたり、その返答で自分も気付く。いわば、良くしようといった成長剤な感じ。

     

    仕事で活用する事が出来ると思う。言われた通りで間違いはないのかもしれない。しかし、そこに不自然や違和感などを感じた時、つまり自分が理解出来ないといった時に、この2つをセットでぐるぐる使うのです。

    色々な仕事をこなすうえで、言われた事では済まない事が多々あります。普段、考え+疑う(疑問)を動作させる事で、新しい知識を習得できたり、人に話せばその人を助ける事が出来るかもしれません。あわよくば、事故を未然に防ぐことが出来るのかなぁ。皆がそうなれば、自分だけではなく、周りを助ける事も出来、自分も助けられる。のかなぁ。って思います。

    いつもの仕事も、その内容をよ〜く見て、その一つ一つを疑うのです。「あれ?」という時、答えが出ない。そのまま作業をしてしまえば事故を起こしていたかもしれません。そこで答えを見つけ、解決が出来れば自信を持って仕事が出来るでしょう。そして、それが自分の弱点と認識する事で、改善するきっかけが出来ますよね。

    他にも会議で、理解出来ないなどあれば、自分だけではなく周りの人もそうかもしれない。周りを助けられるかもしれません。ただ、上司にしつこいほど疑問をぶつけると私のような、窓際のマワ車さん扱いになってしまう恐れがあります。

     

    この「考える」という事は上の方々には少々、ご都合がよくないという副作用があります。つまり、考えるという事は脅威なのかもしれません。壮大な話ですが、某国では国民の考えて行動するという事をどんどん無くしてしまったため、学力や労働生産性などが世界のトップクラスから脱落するという危機的事態に陥ってしまっている。という事があるようです。

    注意すべき点はイエスマンに対抗する、反対を唱える人が多くてもダメで、ある程度の塩梅が良くないといけません。ここが難しい所。「一人では何も決められず、二人になれば意見が分かれ、三人になれば支離滅裂になる。」と人間とは難しい生き物です。

    考える時、何処かで折れるとか、合せるという工夫などが必要になるという事も時には必要という事を忘れてはいけません。

     

    なんか、長々となってしまいましたが、仕事を少しでも楽しく出来るようなヒントになって頂けたら幸いです。

    | 日記 | 18:15 | comments(2) | - | - |
    よく拝見させて頂いております。
    貴方の企業には意見を聞いてくれる機関はないのですか。
    | ヨワマル | 2019/04/30 3:16 AM |

    おはようございます。
    見て頂いてありがとうございます。
    答えから言えば、残念ながら無いようです。
    明らかにまずいなぁ。とか危ないと思う事に気付かない事も多く、個人的に身を守る方法のヒントを与えています。
    まあ、こんな事をしていれば飛ばされてしまうのは仕方がないけど、未来ある者の生活をちょっとでも良く出来れば。とお年寄りの知恵授けですね。
    | マワ車 | 2019/04/30 7:14 AM |