RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
マワ車食堂料理日記(8月4日)
0

    こんばんは。

    なんという事でしょう。と驚く前に数字になれる方が良いのかな。1日1000人を超えるペースで感染拡大中。

    旅行はOKだけど、帰省は自粛してね。この意味もよく解らない、例えるなら偉い人はミスをしても手下が揉み消して、謝らなくていいけど、私たち平社員がミスをして、黙っていると発覚後に猛烈に断罪される。これ位、理不尽かつ意味不明な事ですよね。

     

    日本では第2波と言いますが、まだまだ第1波のようです。単に家でおとなしくして、見かけ少なくなっただけで、再び活動を始めて出てきた当然の結果のようです。

    どこが波の終わりかわかりませんが、現在はどこも鎖国状態にも拘らず、いまだに勢い衰え知らず。この勢いが治まって、初めて第1波終了。という事でしょうか。で、人々が国を本格的に往来を始めて、再び感染拡大。これが第2波の始まりとすれば、数年で鎮めるというのは難しく、10年以上はこの苦境が続くのかもしれません。

     

    となると、私たちの生活も従前の常識や手法などで進める事は難しい。たった数ヶ月なのに経済がご覧の有り様です。ですから、新しい社会の在り方=コロナウイルスと共に生活する方法を即急に立てないといけないのかも。でも、非常に難しいでしょうね。何故ならば、コロナウイルスの対処法で最も効果があるのは「人と距離を置く事。」つまり、人とのつながりを分断しなければならない。皆さんの身近な事で言えば、「会食」や「飲み会」。これが感染拡大の原因の一つで、自粛モードになりつつあります。人は集団生活をする生き物。個々に分断されれば、おそらく諍いや争い事が増えるはず。現に、家庭ではコロナ離婚や児童虐待などがあります。人と距離を置くことを念頭に進めると人々の心までも切ってしまう。同じ職場や会社であっても会食や会話がなくなれば、意思疎通をはかることが出来ず、今はお客さんにも同じとなっているので、結果として業績悪化、倒産といった形で表面化するでしょうね。また、地域によっては感染者や医療従事者に対し、偏見や差別も始まっています。国家単位になれば、何が起こるか。もう、想像がつくでしょう。

    人と距離をおきつつ、意思疎通をはかる方法を私たちは見つけなければいけない。これが本当の新しい生活様式であり、コロナウイルスと共に生活を営む方法なのかもしれません。この問題は私たち人類全体に対し、コロナウイルスが出したクイズであり、答える時間は少なく、すぐにタイムリミットを迎えてしまうみたい。不正解は個人では感染。企業や国であれば廃業や存続不能。という事になるのでしょう。この答えは非常に難しく、時間がかかりそう。ですから、ワクチンや特効薬といったもので対抗し、ねじ伏せよう。と一方で行っている。そんな見方も出来ますね。

     

    閑話休題、今年も暑い夏がやってきました。昭和イズムの私が乗り切る方法。それは「パワー」です。栄養管理といった小難しい手法は出来ませぬ。糖尿病という持病を抱え、全般検査(人間ドック)も1度も要った事がありませんの。多分、ドカーンと何かくるでしょうね。最後の晩餐は「カップ麺」。冬の冷たい朝に、食べかけのカップ麺を前に眠るように終わりを迎えるのが夢でございます。

    夜勤明けでヘロヘロ…。でも、スタミナつけたいなぁ。

    と作ったのが写真の一品。きんぴらごぼうや牛ごぼうに見えますが…。non、non。豚肉とごぼうのスタミナ炒めです。

     

    醤油とニンニク、味の素のシンプルな味付け。

    ごぼうをごま油で炒め、頃合い見計らってお肉を投入。7割方炒めたら、調味料を入れただけ。

    出来上がったら、七味唐辛子を散らして出来上がり。

     

    とっても美味しい。きんぴらごぼうのような甘さがなく、ニンニクのガツンとした衝撃が以外にもあいますよ。

    夏のパワーフード。皆様も如何でしょう。

    | 料理 | 20:15 | comments(0) | - | - |