RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
結果は「おさめ」な旅行に行ってきました。
0

    こんばんは。昨日、今日と令和2年、最初の旅行に行ってきましたよ。

     

    旅の計画は去年の11月末頃。勤務の都合で休みを貰い、どこに行こうかな。と計画スタート。冬でも比較的温暖な伊豆に行ってみよう。と決まりました。後輩くんに話すと、一緒に行く事に。

    伊東線、伊豆急行の駅を途中下車しながらのお散歩です。

    その後ニュースで、251系、185系が引退し、新型車輛に置換え。というニュースが舞い込んできました。後輩くんの希望で251系スーパービュー踊り子号に乗りたい。があり、今回の旅行は251系の「乗り納め」にもなりました。

     

    新横浜駅から熱海駅まで東海道新幹線でワープ。この東海道新幹線も「カモノハシ」こと700系の引退が決まりましたね。こだま号での移動であったので期待しましたが、新しいN700A系でした。

    通勤時間帯であったので席はいっぱい。デッキで朝ごはんを食べながら過ごし、熱海駅へ。

    熱海駅からは時間の許す限り、伊東線、伊豆急行線の駅を見て廻ります。

    最初は来宮駅。東海道本線が目の前を通り、JR東海車や貨物列車が短い間隔で通過していきます。JR東海も新型車輛の計画があり、211系などが引退しますね。

    乗っては降りてを繰り返しますが、えらく暖かいので待ち時間も苦になりません。伊東線の駅はほぼ同じつくりでした。

     

    伊東駅で下車し、伊豆急行線内で使う「伊豆満喫フリー切符(大1900円)を購入。伊豆急行線内であれば乗り降りが自由なほか、踊り子号の自由席も乗れる便利な切符です。

     

    伊東駅ではもう一つ、名物があります。それは「駅弁」のいなりずしです。日本三大駅弁いなりずしというものがあり、東海道本線豊橋駅、予讃線川之江駅とこの伊東駅で発売されているいなりずしは絶品として知られています。因みに川之江駅は「幻のいなりずし」とも言われており、入手が難しい。私もこの駅を訪問して購入を試みましたが、売り切れでした。という事で、伊東駅を訪れたらぜひ買って、ご賞味くださいませ。

     

    伊豆と言えば海。ここまで来たのですから、美味しいお魚を食べたいものです。いなりずしは我慢して、夜食にします。伊豆高原駅でお昼としました。

    お魚は普段はアジ、サバ、鮭、ホッケ、にしんをよく食べます。今回は高級魚とも言われる「金目鯛」を食べる事を目的にしました。

    金目鯛というと煮つけですが、入った食堂では塩焼き、味噌焼きという気になる一品が。

    塩分は控えめにね〜。と解っていましたが、私は迷う事無く塩焼きをチョイス。後輩くんは味噌焼きをチョイスし、半分ずつに切り分け食べました。塩も味噌もすんごく美味しい。

    伊豆急行線の伊豆高原駅や伊豆急下田駅など幾つかの駅では駅弁が発売されており、金目鯛が入った駅弁も各種発売されています。この他にオリジナルの駅弁もあるそうです。

     

    なんやかんやと駅に降りて、周辺を散策してあっという間に1日が終わりました。伊豆熱川駅の近くにある温泉宿で1泊です。

    ちょっぴり古めのホテルで、昭和の雰囲気たっぷりで私はとても居心地がよかった。温泉は最高でした。令和2年初の湯船に浸かります。傷みきった体の節々が喜んでおります。1年の入浴のうち98%近くはシャワーで湯船に浸かる事は出掛けた時であるかないかなので、本当に気持ち良かった。

    部屋では後輩くんとテレビを見ながら話したり、見たり。サッカーの試合は最悪だった。ありゃあないなぁ。気付くと深夜12時を回っていました。でも、お酒を飲んだりしていたので結局1時30分近くに就寝。

    6時30分頃に起床。カーテンをテイッ!!と開けると絶景でした。すぐ近くに大島が見え、爽やかな朝です。写真を撮ろうと外に出ました。??ちっとも寒くありません。浴衣1枚なのですが、爽やかな寒さ。異常気象だなぁ。

     

    身支度を整え、2日目スタート。と言っても帰るだけですが。

     

    伊豆熱川駅から今井浜海岸駅を見て、終点の伊豆急下田駅へ。伊豆急行線完乗しました。

    251系の写真を撮ったり、お土産やお弁当などを購入。旅の締めくくりは251系スーパービュー踊り子号で東京駅まで約2時間40分の旅です。ちょっぴり奮発して、個室グリーン席を確保。前面展望も悪くありませんが、個室は3室のみのプレミアムチケット。

     

    乗車すると早速、飲み物のサービス。コーヒーやお茶、オレンジジュースのいずれか1つが選べる。で、何度も飲めるようです。部屋は4人席。2人以上で利用が出来ます。多少のプライベートは確保されますが、1階席なので車窓に難がある事も。251系の登場は平成2年で、バブリーな設計が各所に見る事が出来ます。その1つは座席で、電動リクライニングシート。

    グリーン車は2両あり、1両の1階にはグリーン席利用の乗客のみが立ち入ることが許されるサロン室があります。テレビもありましたが、故障中。グリーン車の様子を撮影して、個室でまったり。宇佐美駅で下りの251系とすれ違う。

    と、前面展望を撮影しているカメラが。もうすぐ引退なので、これから増えるんだろうなぁ。カメラがうじゃーって並び、その後ろで大きなお友達がハアハアしている…ああ、想像したくない。車輛のほかに、駅や沿線で大きなお友達がわんさかと来るでしょうが、マナーを守って、問題を起こさないように。と願うばかりですねぇ。

     

    熱海駅からは東海道本線。軽やかに走り、やがて車窓は自然の素敵なパフォーマンスから無機質のコンクリートジャングルへと変わる。品川駅を過ぎて、JR東日本一押しの高輪ゲートウェイ駅を通過すると列車は減速し始め、東京駅に滑り込みました。あっという間の優雅な時間が終わり、楽しい旅行も終わり…。

     

    ではなく、後輩くんが新宿駅からロマンスカーに乗りましょう。と提案を頂きました。で、移動する前に山手線のE231系が今月一杯で引退。さようならヘッドマークを付けているとの事で撮影。失敗しちゃった。

    で、山手線で新宿駅へ。ふと、私の第6感でしょうか。後輩くんには大変失礼な事をしてしまったのですが、池袋駅から急きょ我が家に帰る事にしました。本当にごめんなさい。

     

    家に辿りつく最終コーナーを曲がりきった時です。お土産の袋がパーンって割れて、大きな穴が開いてしまいました。幸いにもお土産は無傷。もし、新宿駅からロマンスカーに乗っていれば、どこかで起きて大変な事に。第6感とはこれを予想していたのか…。謎は深まりますが、無事帰宅出来ました。

     

    後輩くんには今回も大変お世話になり、有難うございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

    | 鉄道 | 19:25 | comments(0) | - | - |