RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
約5時間・・・
0

    こんばんは。

    今月は休みの度にイベントがあります。良い事なのでしょう。

     

    今日の予定は夕方からだったのですが、とある列車の撮影依頼があり、午前中はその撮影に行ってきました。

    やって来たのはもうすぐ引退が噂されている209系3000番代。気付くと0番代以外の209系の博物館(3000番代、3100番代、3500番代)のような路線で、3000番代は0番代の最後の純正車(確か6次車に相当)です。10年使い捨てと言われながらも20年以上活躍しましたね。

    入線してきたのは3003番。編成札がちょっぴり変わっていました。「ご乗車ありがとうございます。」の文字と209系が描かれたスペシャルな物のようで、八王子運輸区の方が制作したようですね。

    目的地に到着し撮影後、南武線でも撮影しようと思ったのですが、お目当ての電車が来ないので真っ直ぐ帰宅。

     

    で、夕方になり、本日のメインイベント。「新年会」に行ってきました。

    職場の気心知れた、鉄道貨物大好き「貨物部会(仮称)」のメンバーでささやかな新年会を開いてもらいました。しかも、我が家の近くと気を使って頂き、有難うございます。

     

    普段は仕事の都合でなかなか会う事が少なく、積もり積もった話を大放出。お酒もどんどん進みます。気付くと仕事の事になってしまいますが、楽しく過ごす事が出来ました。

     

    いやあ、飲んだ、食べた。久しぶりにちゃんとしたものを食べたような気がする。(笑)食事はやっぱり会話をしながらの方が美味しいですね。一人で食事をする事は寿命にも影響するくらい良くない事らしいです。よくストレス発散と言いますが、かえって溜めてしまうそうです。と言いながらもマワ車は独りぼっちの食事がほとんど。まあ、運命ですから、致し方がない所でしょう。

     

    気付くと約5時間経っていました。とっても楽しかった。ご参加されました皆さま、今日は有難うございました。

    | 日記 | 22:48 | comments(0) | - | - |
    妄想してみた。
    0

      こんばんは。今宵も月夜がきれい。お星さまも良い感じ。明日もキンキンに冷えそうだなぁ。

       

      今日は遅れている絵本をせっせと作りました。でも、家事もしなきゃ。

       

      13時過ぎ、「そうだ。掃除機かけなきゃ。」と掃除を始める。

      13時20分過ぎ、久しぶりにびっくりしましたね。ちょっぴり大きめの地震。マワ車が良い事をすると、何か起こるんだよね。

      マワ車の住む所は地盤が固い場所なので、あまり揺れないのですが、今日は久しぶりに地震と判る揺れでした。

       

      ふと、思う。地震って勤め先と同じ感じだなぁ。小さな地震がちょこちょこある。まあ、これはさして被害はない。しかし、忘れた頃にドカン!!と大きな地震が起こるんだよね。そのうち、ドッカーン!!というのが来るのかなぁ。

       

      そして、もう一つ。マワ車が良い事をすると災いが起こるのか?

      という事は…もし、マワ車が「会社のために奉公しよう。まずは出世だ!偉くなって、会社をどんどん良くして、大きくしよう!」としたら…きっと、南海トラフ巨大地震+首都直下地震、富士山及び喜界カルデラ大噴火、スーパー台風30個襲来、記録的集中豪雨連続10日、未曽有の腹下し、大事故、テロ、暴動、株価の大暴落などあらゆる災いが起きてしまいそう。

      うん、やめた。人々の平和を守るため、今年も万年平社員でいましょう。

      | 日記 | 22:29 | comments(0) | - | - |
      マワ車食堂料理日記(1月13日)
      0

        こんばんは。

        昨日は都内で初雪でしたが、マワ車は雪を見れませんでした。残念。夜勤でちょっぴり楽しみにしていたのに〜。

        でも、久しぶりのお湿りだったので良かったのかな。今日からまたしばらくカラカラ天気が続きそう。火の元には警戒しなきゃね。

         

        さて、今宵は冷蔵庫のあまり物でお手軽クッキングをしました。

        トマトスープ?のようなものを作りました。

        何となく冷蔵庫を見ると昨年末に賞味期限が切れたトマトジュース。他にもあるかな。と冷凍庫を見ると、2017年某月に切れてる冷凍ブロッコリーが。

        流石に「こりゃあ、いかん。」一言出てしまいました。ここ数日、お出掛けや仕事でジャンキーな物しか食べていないので、ちょっとまともなものを食べなきゃなぁ。トマトジュースは大丈夫と信じ、ブロッコリーは冷凍された時点で時間が止まっているはず。信じる者は救われる。と念じ、これを使いました。

        台所に集結させると、奥の方に先月買った玉ねぎを発見!どうも忘れっぽくていかんなぁ。触ってみると固く、芽も出ていないようなのでこれも加えてと。ミートソースとお肉を買ってきて、まあ、それとなく作りました。良い子のみんなは賞味期限を守りましょうね。

         

        他に埋もれた食材は無いよなぁ。(汗)どうしてこうなってしまうのか。不思議な事もあるものです。

        | 料理 | 19:54 | comments(0) | - | - |
        マワ車、怪しい行動で・・・
        0

          こんばんは。

          今日は日勤でした。勤め先に新しい営業車が入るため、色々とお勉強の日でした。まあ、それは良いとしてメンバーにびっくりでした。な、なんと私が最年少者だったのです。所謂、重鎮と呼ばれる先輩諸氏に囲まれての1日でした。

          でも、仕事の傍ら、休憩の時にお話しいただいた事はなるほど〜。と頷く事ばかり。私も思う所を話して頂いたり、仕事の姿勢などを聞いて、やはり維持はもとより、腕を磨かなきゃなぁ。と思う次第でした。やはり、問題があったり、なまくらな態度や何かを当てにするような姿勢では、この先おのずと淘汰されてしまうのかもしれません。

           

          さて、話が先日の10日になります。朝起きると水道が今年初、凍結しました。とても寒い朝でしたね。

          先日、達人くんと昭和を堪能してきた訳ですが、別の昭和を堪能してきました。神奈川県藤沢市にある「いすゞプラザ」に行ってきました。企業博物館で、トラックやバスでおなじみのいすゞ自動車の博物館です。

           

          たまたま、インターネットで偶然、興味のある記事を見つけたので行ってきました。行かれる際は訪問日2日前までの事前予約制になっておりますので、インターネットでご予約をして下さい。入館料は無料です。

          訪問時間を午後にお願いしたので、午前中は相模鉄道で写真撮影。相模鉄道もJRや東急電鉄との相互乗入れが始まり、更なる変化が見られそうです。乗入れ用の新車が登場したので、見つかればなぁ。結果は見つかりませんでしたが、まあまあの収穫でした。

           

          いすゞプラザの最寄駅は湘南台駅。ここから無料の送迎バスがあるとの事で、指定されたバス乗り場で待つ。やってきたのは「ガーラ」といういすゞ自動車の最新観光バス。何とも太っ腹な会社だ。平日であったためか、私を含めて3人で出発。これだけなら路線バスで十分なのに。

          バスでおよそ10分、白い建物が見えてきました。まずは送迎バスを撮影。と思ったのですが、ドライバーさんが撮影は嫌のよう。撮影する際はお断りするか、いない時に撮影してあげましょう。

           

          館内に入り、まずは受け付け。すると衣類に貼るステッカーとパンフレットを貰います。注意事項の案内の後、ステッカーを貼っていざ中へ。最初に出迎えてくれるのはいすゞ自動車初のトラック「ウーズレーCP型」。アメリカンチックなデザインのトラック。順路に従い進むと、巨大なジオラマが。トラックやバスが所狭しと配置されており、中には面白いものもありました。

          その傍らに、今回の目的であるバックヤードがオープンしています。いすゞ自動車は現在ではトラック、バスの自動車メーカーですが、かつては乗用車などもつくっていました。名車と呼ばれる「117クーペ」をご存じの方も多いでしょう。期間限定でこれまた名車の「ベレット」が特別展示されているのです。
          後ほど、絵本で全体をご紹介しますが、昭和40年に登場しました。いやあ、昭和の空気だなぁ。何という個性的なデザインでしょう。マワ車は自動車運転免許は持っていません。でも、昭和の車は大好きです。やはり個性的なデザインが最大の理由。今の車は個性がなく、画一的でどれも同じように見えてしまい、何となくなじめません。何か現代人に通じるよなぁ。個性がなく、誰かに合わせてしまう…。

          この「ベレット」は所有している方が多くいるようです。今回はこの他に「ワプス」と「ベレットエキスプレス」という日本には数台しか現存していない。と言われる貴重な自動車を展示しています。いやあ、感動して何枚も撮影。

           

          感動をしつつ、次へ。次のコーナーは現在の主力車種の展示。バスでは「エルガ」、トラックでは「ギガ」や「エルフ」などが展示されており、乗ったり触れることが出来る。トラックは普段、しげしげと見る事が出来ないので、このような展示はある意味とても楽しい。

          次は学ぶコーナー。トラックの完成行程の紹介や、体験コーナーで塗装や艤装などが体験できます。今日は一人なので、何もしませんでした。トラックのドアがプレス鋼板の1枚ものというのは初めて知りました。

          で、もうすぐ見学も終了。ここまで1時間。最後に歴代の名車&技術の歴史を見て、学ぶコーナー。またまた動けなくなりました。素晴らしい名車がズラリ。

          最初に「スミダM型バス」(昭和4年)、「TX80型トラック」(昭和23年)、「エルフ初代」が見えたので、色々な角度から撮影。感動しながら撮影していると、「あのう、トラックがお好きですか?」と美人案内嬢の方が。

          「えっ?そう見えます?」と答えると、何でもこんなに撮っている人はいないよう。かなり怪しく見えたのでしょうか。一応、古いもの好きなんで。とは言ったのですが、訝しげな感じが拭いきれていないようなので、何かよからぬ人とも思われても困るので身分をちょっとだけ教えてあげた。すると、ちょっと信用してくれたのか楽しく会話をしてくれました。

          展示されている車輛は全てレストアの上、実際に走るとの事。トラックや商用車は使い潰しが基本で、個人で保存している人は殆どいないので、エルフなどは奇跡に近い発見だったとか。色々と貴重なお話を聞けました。「有難うございました。」とお礼を述べ、撮影を続行。実車の最後は117クーペを撮影。すでに2時間を超えそう。こんなにいる人はあまりいないのかな。

          最後に、いすゞ自動車のつくった自動車をミニチュアカーで再現したコーナーを見学。ここにも知らない名前とかの自動車があって、いくつかを撮影。何か視線を感じた…やっぱり怪しいのだろう。

          最後にお土産を買いました。いやあ、とっても楽しかった。美人ともお話しできたし。最後に豪華な送迎バスで送って頂き大満足な時間でした。

           

          で、その足で職場に向かい、今日の日に続いたのです。今度はどこの博物館を見に行ってみようかな。

          | 日記 | 22:03 | comments(0) | - | - |
          泣けた・・・
          0

            こんばんは。今日は北風が強く寒い一日でした。

            平成31年、最初のお出掛けは後輩の201系の達人くんとの昭和探しです。最近は鉄道もすっかり面白味が無くなり、残念な限りです。時代の流れで、世の人々は早さばかりを追い求め、何か大きなものを失っている。残念でなりません。便利になる事は良くとも、人の心を失ってまでそんな事をしても良いのかなぁ。という事が多い気がしてなりません。

            人の事を思い、人の為に生きる事がダメなこの時代。マワ車は人間味の無い現代に疲れを感じています。そんな疲れを少しでも癒すべく、今日を待っていました。

             

            達人くんと最初に向かったのは、営団…東京メトロ千代田線の根津駅。先輩氏といった事のある「お化け階段」に達人くんを連れて行ってあげました。先輩氏と行った際は階段の数が行きと帰りで合わず、摩訶不思議なスポットだったのですが…。達人くんは何度やっても合ってしまいました。結論「達人くんが一番摩訶不思議な存在だね。」一体、先輩氏との1時間近い検証は何だったのだろう?

            その後、下町をぶらぶら歩きながら昭和探し。流石に平成時代の30年が終わろうというこの時期に、昭和の空気も薄くなっていますね。3つほどの収穫となりました。旧都電池之端停留場跡を見て、上野公園へ。

             

            都内有数のお花見スポットとして知られる上野恩賜公園。公園の周辺には大きな施設があり、動物を見て学べる上野動物園、美術を学べる国立西洋美術館などがあります。今回は国立科学博物館で催されている「日本を変えた千の技術博」という特別展を見てきました。

            文明開化の一声と共に明治時代が始まり、150年。私たちの生活は技術者たちの寝る間を惜しんで、血の滲むような努力があって、今日があります。技術者は私たちの生活を一変させる様々な物を世に送り出し、私たちは気付くことなく、気付くと便利な生活を送れるようになりました。明治から今日までの150年の間に起きた様々な技術的革新を見て、学ぼうというのがこの特別展です。入館料は大人1600円、小〜高までの学徒は600円(前売りは発売終了みたい。)と大人は少々高め。結論を言うと、それ以上の価値があります。個人的な撮影はOKですが、フラッシュ撮影、三脚や一脚の使用などNGがあるので注意。ISO感度800〜1600程度で撮影すると良いかもしれません。

             

            順路に従い、いざ入館。まずは明治時代。古いものが好きとはいえ、ここまで古いとよくわからない。マワ車と達人くんの場合、使ったり見た事のある程度の古いもの。昭和30年代頃以降のものでしょうか。でも、古いものにも面白いものは沢山あります。明治時代は海外から様々な初めてのものが輸入され、技術者は翻弄されながらも色々手探りで頑張ったのでしょう。そんな品々が展示されていました。大正時代に入ると…古今東西、世の女性は美しさを追い求める存在。当時の美容グッズもありました。「ほほう。」と感心しながら歩を進めます。

            だんだん、現代に通じるものが。メートルやキログラムの基準となるものなど、身近にあるものが少しずつ出てきました。そして、「暮らしを変える技術」で私たちの歩みは止まりました。冷蔵庫や洗濯機などの家電製品コーナーです。撮影が出来るので、もう大変です。洗濯機一つでも、第1号はこんな形なんだ。と感心しつつ、カメラを向ける。だんだん現代に向かうにつれて、撮影タイムは長くなりました。達人くんは新幹線第1号台車の銘板を撮るのに15分位かかっていました。展示されていた品々は激萌や初めて見るものもたくさんあって、たっぷり癒され、学びました。約2時間ほど濃密な時間を過ごしました。

             

            「いやあ、泣けるなぁ。感動した。」といった感想です。上野駅に向かい、ここから川崎駅に行きます。途中、話題の「高輪ゲートウエイ」駅を通過。有名人が駅名を反対する署名を始め、最終的に5万人を超えたそうですが、当のJRさんは立て板に水のご様子。まあ、民間会社が自社の施設に傍から変だという名前を付けるのも自由。センスのない会社だなぁ。と思って見届けるしかなさそうです。今度、公募があった時は票を誰も投じなければ、反省してくれるかもしれない…多分、無理だろうなぁ。きっと。また、2020年の開業予定。駅名の登録やら変更やらには数億円かかり、多くの時間がかかるので、いくら反対!と言われてももう無理かもしれませんね。開業したら撮影に行ってみよう。社長が変わったら変更するかもしれないからね。

             

            あっという間に川崎駅に到着。お昼は出掛けるとだいたい中華になってしまう。マーフィーの法則なのだろうか?因みに「それで良いでちゅうか?」とは言ってはいけない。

            次は川崎駅前にある写真の施設に行きました。日本の大手電機メーカーの一つである「東芝」の博物館です。所謂、企業博物館というもので、「東芝未来科学館」という東芝の歴史のほか、電気の事などを中心に学べる場所です。入館料は無料で、タダだからと言って馬鹿にしてはいけない。結論から言いましょう。「ここでも泣けた。」

             

            入口には案内所があり、ゲートを通るとチラッとヒストリーゾーンが。何かが呼んでいる。「マワ車さん、それは後!!」と達人くんにお叱りを受けました。電気の事や電動機の事、近未来の無人運転…などなどの説明コーナーがあります。体験型コーナーも充実しており、よく解らず、無茶をして一つ、二つやってみた。見ていた案内嬢のおねえさん馬鹿受けだろうな。こっちは真剣にやったのだが、反射神経の著しい劣化を体験してしまった。(号泣)

            そんなこんなで、いよいよお待ちかねのヒストリーゾーンへ。入ると江戸時代のものから。からくり人形が展示されていました。これって凄いですよね。昔の人は頭が良いですよね。ある意味、自動運転システムを確立したようなもので、滑らかな動きには感心してしまいます。で、時代が少しずつ昭和に向かっていきます。

            東芝は日本で初めての家電製品を世に送り出している企業としても有名で、千の技術博でも東芝製を多く見る事が出来ました。ここにも多数あり、私たちは当然動けなくなってしまいました。普通の人は「ふ〜ん。」と言ったり、ちょっと歩みを止める程度で、ものの数分で言ってしまいますが、ここで1時間近く滞在。いやあ、企業博物館は危険だわ。今後も機会があれば、色々な企業博物館を訪問したいですねぇ。

             

            今日は、久しぶりに充実した1日でした。とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。達人くん、今日のお散歩お疲れ様でした。また、有難うございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

            博物館で「歴史を学ぶ」と言うと、すごく固いイメージです。それではとても疲れてしまいます。でも、「ノスタルジーを見に行く。」と考えてみてはどうでしょう。少し古いものを見ると懐かしい、のんびりしたあの時を思い出すかもしれません。温故知新という言葉がある通り、ひょっとしたら古いものを見て、何か新しい発見もあると思います。とても楽しいので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

            | 絵本 | 21:06 | comments(0) | - | - |