RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マワ車のお気楽日記帳

日々の出来事や思う事、絵本(ホームページ)の更新などを綴りたいと思います。
ネギを背負った浦島太郎・・・。
0

    こんばんは。

     

    皆さんもご存じの某パーソナルコンピューターメーカーのOS変更をなされたでしょうか。私は7から10にしなきゃ。と検討しつつ期限切れに。国内では1400万台も期限切れになっているそう。

     

    で、職場で詳しい人に10の円盤ってどこに売ってるの?と聞いた所、使っているコンピューターの話に。私の使っているパソコンはカスタマイズして貰ったもので、もう10年近く現役。と話すと、「それ、変えた方が良い。」と言われました。

     

    元気に頑張ってもらっていますが、突然死する事があるそう。また、10年前の部品なので今だったら、もっと良いものがある。と言われました。確かにメンテナンスはあんまりしていないので、そうなると大幅な機器更新が必要だなぁ。

    という事で、10化するにあたり、機器もそっくり刷新する事にしました。

     

    今日は夜勤明け。幸いにも休日の恩恵で仕事が少なく、何とか人の話が聴けるほどの体力が残っています。

    某家電量販店、大きなカメラ屋さんに行きました。パソコンコーナーに赴くと…

    やはりノートパソコンが主流。持ち運びも出来るし、いろいろと便利。でも、私は据え置きタイプ。写真などを扱うので大容量にしないと。

    据え置き、据え置き…あった。ほんの小さなスペースにありました。でも、どれが良いのかわからない。値段で決めるかなぁ。

    パソコンにはCPUだの、OSだの横文字だらけでチンプンカンプン。一昔前のパソコンと違って、随分と進化しているようです。まさに浦島太郎状態。だいたい、フロッピーディスクが売られてなかった。

    眺めていると、店員さんがやって来ました。

     

    探し物、というか使い方(目的)を話すと、何やら語りだしました。私の頭の中のハードディスクがフル回転するも、処理が追いつかず焼き切れ寸前。向こうはネギを背負った何とかと思っているのか、色々とお話してくれました。

    で、勧めてくれたのがカスタマイズするものでした。すると、容量は「テラ」と言ってました。多分、たくさん入るのでしょう。処理速度も何とか…きっと、早く画像が出たり、動いてくれるのでしょう。

    なんやかんやと聞いていると総額20万円也!そりゃあ無理だよ。とブルブルしていると、半値以下に割り引いてくれるサービスがあるとの事。

    お得だなぁ。と思っていると、「お客さん、納期が春節でちょっと…。」

    春節?あのラーメン大陸のビッグイベントの?そう、このパソコンは海の向こうで作られてるみたい。メーカーは国内のしっかりした会社のようですが、組み立ては海の向こう。

    (き、きっと動いてくれると思う。そう、信じよう。)と思いつつ、購入する事に。

     

    という事で、やって来る日が楽しみです。でも、そこから色々と今のパソコンからデーターを移したりと大変。また、再調整に頭を抱えそうです。

    帰宅して、一休みの後、夕ご飯の買い出し。

    ♪冷蔵庫に何があるかな、何があるかなぁ〜

     

    出てきたのは、ちょっと頭を抱えそうなものが出てきました。

    | 日記 | 18:57 | comments(0) | - | - |
    冗談は本当だった・・・。
    0

      こんばんは。

      雪が降る予報で、家はちょっぴり底冷え。ただ今、エアコンが頑張るも室温は14℃。無い所は12℃くらいかね。明日は銀世界かな。

      夕方にお風呂に入り、出た所で胸が不調。いつもの動悸だったけど、起きてるのが辛く横になってましたよ。ボロなので「横になる」という古典的な方法で回復しました。でも、そのうち永遠に目が覚めなくなるかもね。(笑)

       

      先日、伊豆旅行をしてきましたが、「伊豆と言えば」で思いつく1つに「伊豆の踊子」がありますね。

       

      文豪、川端康成の小説で、確か自分の実体験をもとにしてつくったお話だったような。

      で、河津駅近くに銅像を見つけました。

      「あっ!これ「伊豆の踊子」だよね。川端康成の。」踊子と青年の銅像がありました。「伊豆の踊子」って、英語でなんて言うんだろう。Izu dancer(イズ ダンサー)かね。と冗談交じりで言いつつ、この子たちの名前ってなんていったっけ?

       

      近くにある説明文を見ました。すると…

      写真の通りでした。何か、ドストレートだけど大丈夫なのかなぁ。

      ダンサーというと、その国の踊子のイメージになってしまいそうな。

      翻訳って面白いですよね。特に日本語の翻訳は難しいとか。まず、あいまいな表現がある事。Yes or Noのように2択であれば簡単ですが、日本語には中間的な言葉も多い。次にことわざなどの表現。例えば「年寄りの冷や水」。翻訳するとCold water of the elderlyという、多分意味が通じないだろうな感じになります。同様に、「彼に冷や飯を食わされた」というのもありますね。

      まあ、日本語は難しいですからね。私たちでも使いこなせないのですから。

       

      この案内文にこんなものもありましたよ。合っているけど、表現が面白いですね。

       

      さて、体調を整える為にそこら辺の適当に効きそうな薬を飲んで寝ましょう。お休みなさいまし。

      | 日記 | 22:32 | comments(0) | - | - |
      マワ車食堂料理日記(1月16日)
      0

        ばんはです。

         

        職場で後輩くんがBBQをしたいですねぇ。と少し前から計画してくれています。でも、日程の調整が難しく、なかなか出来ません。そんな頑張っている後輩くんに料理で支援をしましょう。コンセプトは「前例のないBBQ」。

         

        BBQにおいて、食べる物はお肉を中心にしたものになりますが、ただ焼いて、焼肉のたれじゃあつまらない。なので、BBQでは焼かないようなお肉料理を提供しようと、その日に備えて新メニュー作り。で、試作したのが…

        先日の豚の味噌漬けをもっとスケールアップしたものをこさえてみました。

         

        豚ロース肉ブロック約600gを大胆に味噌漬けしてみました。食べる時切り分けて焼くスタイルとしました。お肉が異なるだけで、作り方は変わりません。

         

        厚切りのロース肉なので、うまく染み込むかわかりません。切り分ける時にもし易い事を兼ねて切込みを入れました。

        さあ、食べたい分を切って焼いてみましょう。

        厚いお肉なので、じっくり弱火で焼いてみました。3、4分経ったらひっくり返して、お焦げが優しく出来るように5回ほどひっくり返しながら焼いていきます。

         

        焼き上がり、実食。

        うん、染みていてとっても美味しい。BBQでは現地で切り分け、網の上でコロコロ焼き上げれば良いでしょう。

        | 料理 | 22:09 | comments(0) | - | - |
        結果は「おさめ」な旅行に行ってきました。
        0

          こんばんは。昨日、今日と令和2年、最初の旅行に行ってきましたよ。

           

          旅の計画は去年の11月末頃。勤務の都合で休みを貰い、どこに行こうかな。と計画スタート。冬でも比較的温暖な伊豆に行ってみよう。と決まりました。後輩くんに話すと、一緒に行く事に。

          伊東線、伊豆急行の駅を途中下車しながらのお散歩です。

          その後ニュースで、251系、185系が引退し、新型車輛に置換え。というニュースが舞い込んできました。後輩くんの希望で251系スーパービュー踊り子号に乗りたい。があり、今回の旅行は251系の「乗り納め」にもなりました。

           

          新横浜駅から熱海駅まで東海道新幹線でワープ。この東海道新幹線も「カモノハシ」こと700系の引退が決まりましたね。こだま号での移動であったので期待しましたが、新しいN700A系でした。

          通勤時間帯であったので席はいっぱい。デッキで朝ごはんを食べながら過ごし、熱海駅へ。

          熱海駅からは時間の許す限り、伊東線、伊豆急行線の駅を見て廻ります。

          最初は来宮駅。東海道本線が目の前を通り、JR東海車や貨物列車が短い間隔で通過していきます。JR東海も新型車輛の計画があり、211系などが引退しますね。

          乗っては降りてを繰り返しますが、えらく暖かいので待ち時間も苦になりません。伊東線の駅はほぼ同じつくりでした。

           

          伊東駅で下車し、伊豆急行線内で使う「伊豆満喫フリー切符(大1900円)を購入。伊豆急行線内であれば乗り降りが自由なほか、踊り子号の自由席も乗れる便利な切符です。

           

          伊東駅ではもう一つ、名物があります。それは「駅弁」のいなりずしです。日本三大駅弁いなりずしというものがあり、東海道本線豊橋駅、予讃線川之江駅とこの伊東駅で発売されているいなりずしは絶品として知られています。因みに川之江駅は「幻のいなりずし」とも言われており、入手が難しい。私もこの駅を訪問して購入を試みましたが、売り切れでした。という事で、伊東駅を訪れたらぜひ買って、ご賞味くださいませ。

           

          伊豆と言えば海。ここまで来たのですから、美味しいお魚を食べたいものです。いなりずしは我慢して、夜食にします。伊豆高原駅でお昼としました。

          お魚は普段はアジ、サバ、鮭、ホッケ、にしんをよく食べます。今回は高級魚とも言われる「金目鯛」を食べる事を目的にしました。

          金目鯛というと煮つけですが、入った食堂では塩焼き、味噌焼きという気になる一品が。

          塩分は控えめにね〜。と解っていましたが、私は迷う事無く塩焼きをチョイス。後輩くんは味噌焼きをチョイスし、半分ずつに切り分け食べました。塩も味噌もすんごく美味しい。

          伊豆急行線の伊豆高原駅や伊豆急下田駅など幾つかの駅では駅弁が発売されており、金目鯛が入った駅弁も各種発売されています。この他にオリジナルの駅弁もあるそうです。

           

          なんやかんやと駅に降りて、周辺を散策してあっという間に1日が終わりました。伊豆熱川駅の近くにある温泉宿で1泊です。

          ちょっぴり古めのホテルで、昭和の雰囲気たっぷりで私はとても居心地がよかった。温泉は最高でした。令和2年初の湯船に浸かります。傷みきった体の節々が喜んでおります。1年の入浴のうち98%近くはシャワーで湯船に浸かる事は出掛けた時であるかないかなので、本当に気持ち良かった。

          部屋では後輩くんとテレビを見ながら話したり、見たり。サッカーの試合は最悪だった。ありゃあないなぁ。気付くと深夜12時を回っていました。でも、お酒を飲んだりしていたので結局1時30分近くに就寝。

          6時30分頃に起床。カーテンをテイッ!!と開けると絶景でした。すぐ近くに大島が見え、爽やかな朝です。写真を撮ろうと外に出ました。??ちっとも寒くありません。浴衣1枚なのですが、爽やかな寒さ。異常気象だなぁ。

           

          身支度を整え、2日目スタート。と言っても帰るだけですが。

           

          伊豆熱川駅から今井浜海岸駅を見て、終点の伊豆急下田駅へ。伊豆急行線完乗しました。

          251系の写真を撮ったり、お土産やお弁当などを購入。旅の締めくくりは251系スーパービュー踊り子号で東京駅まで約2時間40分の旅です。ちょっぴり奮発して、個室グリーン席を確保。前面展望も悪くありませんが、個室は3室のみのプレミアムチケット。

           

          乗車すると早速、飲み物のサービス。コーヒーやお茶、オレンジジュースのいずれか1つが選べる。で、何度も飲めるようです。部屋は4人席。2人以上で利用が出来ます。多少のプライベートは確保されますが、1階席なので車窓に難がある事も。251系の登場は平成2年で、バブリーな設計が各所に見る事が出来ます。その1つは座席で、電動リクライニングシート。

          グリーン車は2両あり、1両の1階にはグリーン席利用の乗客のみが立ち入ることが許されるサロン室があります。テレビもありましたが、故障中。グリーン車の様子を撮影して、個室でまったり。宇佐美駅で下りの251系とすれ違う。

          と、前面展望を撮影しているカメラが。もうすぐ引退なので、これから増えるんだろうなぁ。カメラがうじゃーって並び、その後ろで大きなお友達がハアハアしている…ああ、想像したくない。車輛のほかに、駅や沿線で大きなお友達がわんさかと来るでしょうが、マナーを守って、問題を起こさないように。と願うばかりですねぇ。

           

          熱海駅からは東海道本線。軽やかに走り、やがて車窓は自然の素敵なパフォーマンスから無機質のコンクリートジャングルへと変わる。品川駅を過ぎて、JR東日本一押しの高輪ゲートウェイ駅を通過すると列車は減速し始め、東京駅に滑り込みました。あっという間の優雅な時間が終わり、楽しい旅行も終わり…。

           

          ではなく、後輩くんが新宿駅からロマンスカーに乗りましょう。と提案を頂きました。で、移動する前に山手線のE231系が今月一杯で引退。さようならヘッドマークを付けているとの事で撮影。失敗しちゃった。

          で、山手線で新宿駅へ。ふと、私の第6感でしょうか。後輩くんには大変失礼な事をしてしまったのですが、池袋駅から急きょ我が家に帰る事にしました。本当にごめんなさい。

           

          家に辿りつく最終コーナーを曲がりきった時です。お土産の袋がパーンって割れて、大きな穴が開いてしまいました。幸いにもお土産は無傷。もし、新宿駅からロマンスカーに乗っていれば、どこかで起きて大変な事に。第6感とはこれを予想していたのか…。謎は深まりますが、無事帰宅出来ました。

           

          後輩くんには今回も大変お世話になり、有難うございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

          | 鉄道 | 19:25 | comments(0) | - | - |
          揺れた?
          0

            こんばんは。

            歳のせいなのか、職業病なのか、寝ても5時間位しか寝れません。今朝も概ね所定の4時40分頃に目が覚めました。

             

            まどろんでいると、我が家の簡易震度計(CDケース)のガラスがカタカタと小刻みに揺れ始め、やや大きくなりました。「おや、地震ですか。」震度2くらいでしょうか、テレビを見てみると私の住む地域は「震度4」。いやいや、そんなに大きくなかったなぁ。

            ざっくり、埼玉南部震度4と出ていましたが、南部地域でも東部と西部では地盤の固さが違うのね。私の住む所は山沿いの西部で、地盤が固い所。東部は関東ローム層という主に火山灰が積もった軟らかい地盤。

             

            関東地方の地盤をイメージする簡単な方法は、お皿にプリンを乗せた感じを想像すると解り易いでしょうか。お皿を揺らすとプルルンと揺れ、暫く揺れていますね。これが関東地方の地震の特徴。柔らかい故に、揺れが大きくなり、かつ四方が固い地盤で囲まれていますから、揺れの跳ね返りなどで複雑な揺れが長時間続くそうです。

            あの関東大震災では激しい揺れ(当時の地震計の計測針が振り切れたため、詳しい事は不明。)が10分以上も続いたそうです。この激しい揺れは調べてみると低く見て震度5強又は震度6弱以上のようです。震度6弱では人は立つ事が困難になり、固定していない家具などは狂喜乱舞のごとく動き回ります。建物では木造家屋の多くが倒壊し、コンクリート建造物でも損壊が発生する場合がある。という揺れになります。

            言える事は首都直下地震が発生する時、関東地方は東日本大震災の時よりも激しい揺れに見舞われる。という事。これだけは覚悟しなければいけませんね。

             

            それにしても、夜中に来る事が多いですよね。

            | 日記 | 20:16 | comments(0) | - | - |